TOP

合同会社菜夢来(治郎堂幸露柿)

能登半島の中でも限られた地域にしか育たない渋柿、最勝柿。実が大きく種が小さいこの柿を使った干柿はころ柿と呼ばれ、昔から大きくて甘いと評判で今では志賀町の特産品になっています。治郎堂もころ柿の里でころ柿を作り続ける製造元。一つ一つ和紙で包まれている商品の名は幸露柿(ころがき)。まるで和菓子のようなルックスなので、お遣い物はもちろん、お茶請けとしてお客様に出してもよさそう。ほっこりと場が和むこと請け合いです。通常、干柿はなますなどの料理にも使いますが、治郎堂幸露柿はそのまま食べるのが一番!丹精込めて作られた濃厚な味を楽しんでください。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

6商品中 1-6商品

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
webギフト
能登の赤なまこ石けん
キーワードで探す
更新情報
>