TOP

能登深層水味噌 900g冷蔵便

昔から漁師町に愛され続ける能登の味噌

販売価格 864円(税込)
在庫状況 在庫あり
クイック購入



能登深層水味噌 900g冷蔵便

昔から漁師町に愛され続ける能登の味噌

販売価格 864円(税込)
在庫状況 在庫あり
クイック購入

昔から漁師町に愛され続ける能登の味噌

「能登深層水味噌」は、大豆をたっぷりの海洋深層水で煮て作られています。
北陸産の大豆(エンレイ種)、珠洲の天然塩、自家製の麹を使い、木の樽でじっくりと10ヶ月以上ねかせて作られています。手作りの麹の原料のお米は国産。その半分が自家製米の“こしひかり”です。

海のそばで行われている味噌造り

穴水町の中心部から車で約20分ほど。
穏やかな内浦の海岸線沿いに位置する甲地区。
細い道路が集落の中を走っています。
その集落の中にこの味噌を造る「高尾商店」はあります。
道路と海に挟まれた立地。
隣には川も流れて、反対側には畑が広がっていました。
広い加工場、その中には麹室もあり、すぐ後ろにある海から波の音が聞こえてきます。
そして一番奥にあるのが樽の保管スペース。
寒い時期に仕込まれた味噌が、木の樽に入ってどっしりと佇んでいました。
加工場の裏口を出ると、大きなイチジクの木が佇み、目の前には広大な海が広がっています。
対岸には能登島や七尾が、そして条件が良ければ立山連峰を大きく望むことが出来るそうです。
秋になると、ご主人と息子さんが”稲刈り”に出かけます。
味噌に不可欠な麹をつくるための米作り。
仕込みの前から味噌造りは常に動いているのです。

魚文化とマッチした、魚介向けの味噌

能登の海辺で作られるこの味噌はちょっと辛め。
最近は減塩が好まれますが、それには理由があるのです。

その1。
魚のみそ汁には塩分の利いた味噌がよくあうから。
3方を海に囲まれた能登半島はご存じの通り、暖流と寒流がぶつかる半島沿岸で実に様々な魚が捕れます。
地元の食卓には魚の味噌汁が食卓に並ぶことが多い訳です。
もちろん、海藻との相性も抜群。
能登では冬から春にかけての味噌汁は海藻類が多いのです。

その2。
高尾商店の味噌は本来2年くらい持たせるようにと作られているから。
保存という観点で、”塩分”は必須なのです。
魚を多く食べる文化だからこそ、長年愛されている理由があります。
お味噌汁の他に、魚の切り身を味噌漬けにしたりと用途も豊富。
しっかりとした味わいの能登の味噌を是非ご賞味ください。

能登スタイル「のとぐらし」旬のレシピ集

商品名 能登深層水味噌
原材料名 米、大豆、深層水、深層水の塩
内容量 900g
保存方法 17℃以下の冷暗所で保存してください
賞味期限 冷蔵保存で6ヶ月
製造者 高尾商店
〒927-0211
鳳珠郡穴水町甲ソ-119
0768-58-1234

※こちらのクール便商品はプレゼントラッピング対応不可商品となっております。熨斗対応は可能です。ご了承ください。

販売価格 864円(税込)
送料 1,000円(北海道、沖縄+500円)
型番 ft01-003
在庫状況 在庫あり

クイック購入

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
能登の赤なまこ石けん
キーワードで探す

記事一覧

更新情報
>