TOP

「大江山」熟成 純米酒の酒粕冷蔵便

120年の歴史が生む極上の酒粕「大江山」熟成 純米酒粕

販売価格 648円(税込)
在庫状況 在庫なし



「大江山」熟成 純米酒の酒粕冷蔵便

120年の歴史が生む極上の酒粕「大江山」熟成 純米酒粕

販売価格 648円(税込)
在庫状況 在庫なし

こだわりの酒だからこそ、最高の酒粕が得られる

米、水、米麹だけから作られる純米酒。その純米酒を絞った時に出来る酒粕を熟成させたものです。
新酒の頃の絞り立ての酒粕もフレッシュ感たっぷりで美味しいのですが、夏までゆっくり熟成させた酒粕はほんのり粒が残り、香り高く味わい深い仕上がりとなっています。
お米の美味しさが凝縮され、上品な甘みが口の中に広がります。
また、お米のつぶつぶ感が少し残っているのも特徴なのです。
絞り立ての頃の酒粕は、まるでチーズのよう。生でサラダで食べるのも美味しいです。

酒粕の使い方いろいろ

海藻が豊富な能登半島。季節折々の海藻を、粕汁で楽しむことが出来ます。
また、粕漬けもオススメ。キュウリや茄子などの漬け物はもちろん、魚を粕漬けして焼いて食べると絶品です。
その他にも最近ではパン作りやお菓子作りのために酒粕を購入する人が増えています。酒粕の酵母を使ったパン作りは是非チャレンジしてみたいですね。
また、いろいろな料理の隠し味にもオススメ。こくが出ますよ。

松波酒造の若女将・聖子さん

いつも笑顔で元気いっぱいの聖子さん。
次々と思い浮かぶアイディアを,商品開発や地域振興のために活かしているようです。
もちろん、日本酒が一番好き!というだけあって、日本酒のことはもちろん、飲み方などいろいろなお話をしてくれます。
能登に出かけることがあれば,是非松波酒造に立ち寄りましょう。

能登スタイル「のとめぐり」


松波酒造

 「熟成 純米酒粕」を作る"松波酒造は、能登杜氏の発祥の地でもある旧内浦町にある明治元年より続く老舗の造り酒屋。
ブランド名の「大江山 おおえやま」は、先祖が京都の大江山より「酒呑童子のごとく豪快に酒を呑んで欲しい」と願いつけたといわれています。
約120年経った今でも昔ながらの道具を大切に使い、手作りの極寒仕込をして、能登杜氏の伝統の技を守りながら日本酒作りを続けています。
日本酒作りでの最終過程で、袋の中に入れられた「醪(もろみ)」が約2日間かけてゆっくりと絞られ、日本酒と酒粕に分けられます。
日本酒にいろいろな種類があるように、酒粕にもいろいろな種類があるんですね。

※こちらのクール便商品はプレゼントラッピング対応不可商品となっております。熨斗対応は可能です。ご了承ください。

保存方法製造者
商品名「大江山」熟成 純米酒粕
内容量500g
原材料米(原料米:石川県産五百万石、兵庫県産山田錦)、米麹
精米歩合50%
賞味期限6ヶ月
製造者松波酒造株式会社
927-0602
石川県鳳珠郡能登町松波30-114
0768-72-0005

※こちらのクール便商品はプレゼントラッピング対応不可商品となっております。熨斗対応は可能です。ご了承ください。

販売価格 648円(税込)
送料 1,000円(北海道、沖縄+500円)
型番 am01-001
在庫状況 在庫なし

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
能登の赤なまこ石けん
キーワードで探す

記事一覧

更新情報
>