TOP

輪島キリモトの小福皿(大)

輪島キリモトが作るmakijiシリーズの漆器

販売価格 50,760円(税込)
在庫状況 在庫残りわずか
うるみ
カラー (お選び下さい)



輪島キリモトの小福皿(大)

輪島キリモトが作るmakijiシリーズの漆器

販売価格 50,760円(税込)
在庫状況 在庫残りわずか
うるみ

マットなお皿

ざらっとした表面。マットな色合い。 持ってみると、ちょっとずっしり。簡素な美しさが際立つ小福皿です。
輪島キリモトはもともと朴木地(ほうきじ)の木地屋さんであり、今でも木地屋さん。
この小福皿は、木地が生み出すシンプルなラインがそのまま生きています。

金属のスプーンだってへっちゃら!

小福皿にパスタを盛りつけて食べましょう!
小福皿にカレーを盛りつけて食べましょう!
フォークで。スプーンで。
えっ?
そうなんです。この小福皿、輪島キリモトオリジナルの蒔地技法で作られているため、表面硬度がとっても高いのが特徴。
金属のスプーンだって、フォークだってへっちゃら。
漆器がぐっと身近になる瞬間です。
熱々のお料理を、遠慮なく召し上がれ!

もっと丈夫な漆器を

都内を始め、石川県内外の様々な場所で個展や販売を行っている輪島キリモト。直接お客様と接することで、たくさんのヒントを得ることができるんだとか。
もっと扱いやすく、現代生活の日々の暮らしにフィットする漆器を。
そして作り出されたのが、makiji(蒔地)シリーズ。
2007年新日本様式100選にも選定されました。輪島市内で産出される純度の高い珪藻土を焼成粉末にした地の粉と、漆だけを掛け合わせるという、従来からある“蒔地技法”を独自に応用して生まれました。
塗りの厚みがふっくら感をだし、またしっとりと優しい肌触り。
そしてなんと言っても特徴的なのが、表面硬度の高さです。硬い!そして丈夫!!
だから安心して持ち歩けます。使えます。毎日毎日。
万が一傷ついても、補修できるというのが漆の嬉しさでもあります。永いお付き合いをして下さい。

輪島キリモトの桐本さんと言う人

桐本木工所を訪ね、薄暗い入り口を抜けると大きな作業場が広がっています。一歩足を踏み入れると木の香り。職人さんたちの作業する音が聞こえてきます。
そこに現れたのは、ジャージ姿の大きな男性。ぎょろっとこっちを見つめている。
この方こそ、桐本泰一さんでした。
ようやくお会いすることが出来ました!「こんにちは。」
迷路のような工場の中を奥へ奥へと進み、事務所の方へ。たくさんの作品に囲まれながら、桐本さんが、漆について、普段使いの器について、職人の仕事についてなど、実に様々なことを教えてくれました。
桐本さんが作り出す漆器は、どれもとってもシンプル。
でも、その背景にある、作品が作り出されるまでの道のりやストーリー。そして普段使いの漆を作りたいと言う想い。その沢山の想いがこんなシンプルな姿に変身してしまうすごさに改めて脱帽でした。

漆のお手入れ

  • お湯、水、いずれでも洗えます。
    また中性洗剤も使えます。他の素材の器と別にして洗って下さい。
  • たわし・みがき粉での食器洗い、または食器洗い機の使用は避けて下さい。
  • 落としたり、強い衝撃を加えると、傷がついたり割れることがあります。
  • 火のそばに置かないでください。
  • 化学ぞうきんの使用は避けて下さい。(光沢がなくなります)

商品名小福皿(大)
サイズ直径243ミリ×48ミリ
木 地ケヤキ(能登産)
製造者輪島キリモト・桐本木工所
〒928-0011 石川県輪島市杉平町成坪32
0768-22-0842

※店頭でも販売している為、在庫切れの場合もございます。完成までお待ちいただける場合は、おおよそのお届け日をメールにてお知らせ致します。

販売価格 50,760円(税込)
送料 750円(北海道、沖縄+500円)
型番 ck01-007
在庫状況 在庫残りわずか
うるみ

カラー (お選び下さい)
うるみ
能登の良い品をあなたの暮らしにも。
webギフト
四季の暮らし部
能登の赤なまこ石けん
石川県七尾市のお礼品として「能登の赤なまこ石けん」が選べます! ウェブで簡単納税さとふる
キーワードで探す

カテゴリーから探す

金額別で探す

ギフト用途で探す

記事一覧

更新情報
>