TOP

  1. ホーム
  2.  > 特集一覧
  3.  > なまこ(ナマコ)のコラーゲン

なまこ(ナマコ)のコラーゲン

なまこ(ナマコ)のコラーゲン ※写真はイメージです

なまこってどんな成分が含まれている?

みなさんはナマコを手にしたことありますか?
ぬるぬる、ぐにゃぐにゃの不思議な触り心地でいったいどんな成分なんでしょうか。

ヌルヌルがコラーゲンをイメージしますが、実際の成分を調べてみました。

可食部分100gあたり(出典:文部科学省/日本食品標準成分表 2010)
水分92.2g
たんぱく質4.6g
アミノ酸組成によるたんぱく質3.5g
脂質0.3g
トリアシルグリセロール当量0.1g
飽和脂肪酸0.04g
一価不飽和脂肪酸0.04g
多価不飽和脂肪酸0.05g
コレステロール1mg
炭水化物0.5g


100gあたり、92gが水分で残りほとんどがタンパク質(アミノ酸組成によるタンパク質含む)ということがわかりました。
触った感触から水分が多いとは思っていましたがやっぱりという結果でした。
ちなみに、コラーゲンと呼ばれるものは成分的にはタンパク質になります。
おおよそ、なまこの5%程度がタンパク質。さて、そのうちどれくらいがコラーゲンなのでしょうか。

ナマコのコラーゲン

どのくらいがコラーゲンなの?

なまこの5%がタンパク質ということなので、生のなまこ100gあたり、およそ5gがタンパク質ということがわかりました。
さらに成分について調べてみたところ、ナマコの体壁のタンパク質のうち、70%がコラーゲンだとされているとのこと。
つまり水分を除き、固形の部分の7割がコラーゲンということになります。
当店の赤なまこ石鹸に使用しているマナマコエキスは、いったん赤なまこを乾燥、粉末にしてからエキスを抽出しています。
固形分のみからエキスを抽出することにより、より濃縮されているともいえます。
また、エキスを抽出して調べたところ優れた美容効果が期待できることがわかってきました。(※1)
ナマコには、コラーゲンだけでなく保湿のために必要なセラミドと呼ばれる成分も多く含んでいて、さらにサポニンという成分も含まれています。
このサポニンという成分は洗浄成分として石鹸やシャンプー、皮膚病のための漢方薬としても広く利用されてきており、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗酸化作用があると言われています。

なまこのエキスに含まれるコラーゲンなどの保湿効果について

ご紹介したように、ナマコには美容効果のある成分がたくさん含まれていることがわかりました。
また、ナマコエキスの保湿効果についてヒアルロン酸溶液と比べても水分蒸発がより少なく、水分残存率が高いことなどもわかりました。
ナマコにはコラーゲンだけでなく、複数の保湿成分が含まれています。エキスにすることによって、自然のバランスのまま、高い保湿力を生み出しているといえます。
(※1) ナマコエキスの成分、保湿効果については、(株)サティス製薬 プレスリリースより

ナマコエキス配合の赤なまこコスメシリーズ

コラーゲン豊富な赤なまこからエキスを抽出、配合した「能登の赤なまこコスメシリーズ」で、ナマコの美容効果を感じてみませんか?

能登の赤なまこコスメシリーズ
能登の赤なまこコスメシリーズ一覧ページはこちら >>

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
※AmazonPayが対象です
webギフト
四季の暮らし部
能登の赤なまこ石けん
石川県七尾市のお礼品として「能登の赤なまこ石けん」が選べます! ウェブで簡単納税さとふる
キーワードで探す

カテゴリーから探す

金額別で探す

ギフト用途で探す

記事一覧

更新情報
>