TOP

奥能登揚げ浜塩田 しお同梱可

奥能登・珠洲市に残る日本唯一の揚げ浜式製塩の塩

販売価格 540円(税込)
在庫状況 在庫あり
クイック購入



奥能登揚げ浜塩田 しお同梱可

奥能登・珠洲市に残る日本唯一の揚げ浜式製塩の塩

販売価格 540円(税込)
在庫状況 在庫あり
クイック購入

奥能登揚げ浜塩田の塩

海と山と太陽の結晶

「奥能登揚げ浜塩田 しお」は、500年前からこの土地で続けられて来た揚げ浜式製塩法で作った塩です。
塩作りは天候とのにらみ合い。
与えられた自然条件のなか、太陽の光と海、そして山からの風の恵みをうけて出来上がっていきます。
塩作りは大変過酷な重労働。
揚げ浜式製塩は、現在日本で唯一この地区だけに残る製法なのです。

揚げ浜式製塩法で塩ができるまで

この独特の製法は、まず平らにならした砂地の塩田に桶で運んだ海水をまき、天日でしっかりと乾かしていきます。完全に乾いたらその塩分を含んだ砂を集めて箱の中に入れます。
その上から海水を流し込み、約10〜20%の濃い海水を取り出します。濃度の高い海水を窯で煮詰めて塩が出来上がるのです。
とれた塩は保管場所へ移し、3日間ほど放置して、アクが切れたら袋詰めされます。
海水をくみ上げ、撒き、を繰り返す作業はかなりの重労働。その労力も塩には含まれているんです。

海の恵みがそのまま塩になりました

揚浜式塩田で作られる塩は、ほんのりとした甘みとしっかりとした辛み、そして味わい深さが魅力です。
昔ながらの、揚げ浜式で人の手によって作られる塩の原料は 目の前に広がる日本海の海水です。
海水を天日で干し、薪をくべた塩窯でゆっくり煮て出来上がります。
添加物などが一切使われず、豊富なミネラルがたっぷり詰まった、味わい豊かな本物の塩で能登の海の恵みを分けてもらうのはいかがでしょうか。

浜士のこと

中前賢一さん

揚浜式塩田で製塩に従事する技術者のことを「浜士(はまじ)」と呼びます。この「奥能登揚げ浜塩田しお」は中前製塩の浜士 中前賢一さんが作る塩です。

・中前製塩 中前賢一
【プロフィール】
珠洲市で揚げ浜塩にこだわり、自ら開いた塩田を守り、製塩を行う。

名称 食塩
原材料名 海水(能登半島)
内容量 80g
保存方法 直射日光を避け常温にて保存してください
販売者 株式会社アンテのと KK
〒927-1325 石川県片岩町ノ部12番

商品名 奥能登揚げ浜塩田 しお
原材料 海水(能登半島)
工程 天日、平釜
熱量 0kcal
タンパク質 0mg
脂質 0mg
炭水化物 0mg
ナトリウム 34.6g
カリウム 90mg
カルシウム 110mg
マグネシウム 420mg
(数値は100gあたり)
販売価格 540円(税込)
送料 750円(北海道、沖縄+500円)
型番 fa04-001
在庫状況 在庫あり

クイック購入

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
能登の赤なまこ石けん
キーワードで探す

記事一覧

更新情報
>