TOP

菜の花ろうそく 1号45本同梱可

能登で作られる和ろうそくで菜の花から作った黄色いろうそく1号(燃焼時間約30分)45本入

販売価格 1,080円(税込)
在庫状況 在庫あり



菜の花ろうそく 1号45本同梱可

能登で作られる和ろうそくで菜の花から作った黄色いろうそく1号(燃焼時間約30分)45本入

販売価格 1,080円(税込)
在庫状況 在庫あり

幸せの黄色いろうそく

能登の春を黄色く彩る菜の花。その菜の花から採れる菜種油を使った「菜の花ろうそく」です。やさしい黄色が、とてもほっこりする可愛い可愛い和ろうそく。パッケージのイラストは、この和ろうそくのデザインを担当した絵と言葉の作家 太田朋さんのもの。菜の花のやさしいイメージが伝わるだけでなく、見ているだけで幸せになってくる不思議な温かみがあります。

和ろうそくのある暮らし

いつもの食卓に、和ろうそくを一つ灯してみてください。家族で、恋人同士で、友達と・・・。楽しみ方は、それぞれですが、一つのろうそくを囲んで、ゆらゆら揺らめく炎に照らされれば、いつもよりもゆったり暖かい食卓になること間違いなし。「電気を消してスローな夜を」というキャンドルナイトは、毎年、夏至と冬至の夜ですが、キャンドルナイトが、月に何度もあってもいいですよね。

植物性のろうそくだから安心

和ろうそくは、洋ろうそくとは違って植物が原料。菜の花ろうそくは、なたね油で作っているので、ろうが垂れにくいのが特徴です。植物性なので、使い続けても、すすがお部屋にこびりつくことがありません。

絶えることのない伝統の炎

能登は神社・仏閣が多く、信仰心の篤い土地柄です。この和ろうそくを作っている「高澤ろうそく」が創業した明治25年には、県内各地に和ろうそくを扱うお店があったそうです。電燈の普及と共に、各地にあった和ろうそく店は姿を消し、能登でも、高澤ろうそく1軒でその技を守っています。お話を伺った高澤久さんは、5代目となる後継者。これからも、日本のあたたかい灯り文化を発信し続けてくださるでしょう。

港町七尾でつくられる灯り文化

七尾和ろうそくの歴史は古く、1650年ごろに七尾に「蝋燭座」が作られたそうです。「座」とは、当時の製造販売許可を持つ協同組合のようなもの。原料となる、ハゼやイグサは、九州や島根、近江などから入手します。これらの原料が手に入ったのは、七尾が北前船の寄港地であり、各地との物流があったから。出来上がったろうそくも、九州や東北にまで販路を持っていたそうです。昔は北前船で、今はインターネットで。七尾和ろうそくのファンは、国内外に広がっています。

能登スタイル「のとみやげ」

商品名菜の花ろうそく 1号45本
内容量1号45本
寸法ろうそくサイズ1×0.8×8cm
燃焼時間(目安)30分
保存方法直射日光を避け、高温となる場所で
保存しないで下さい。
製造者株式会社高澤商店
〒926-0806
石川県七尾市一本杉町11番地
販売価格 1,080円(税込)
送料 750円(北海道、沖縄+500円)
型番 ct01-002
在庫状況 在庫あり

能登の良い品をあなたの暮らしにも。
webギフト
四季の暮らし部
能登の赤なまこ石けん
石川県七尾市のお礼品として「能登の赤なまこ石けん」が選べます! ウェブで簡単納税さとふる キーワードで探す

カテゴリーから探す

金額別で探す

ギフト用途で探す

記事一覧

更新情報
>