TOP

このわた冷蔵便

ナマコの腸を塩辛にした「このわた」 ウニ、カラスミと並ぶ日本三大珍味80g

販売価格 2,700円(税込)
在庫状況 在庫あり



このわた冷蔵便

ナマコの腸を塩辛にした「このわた」 ウニ、カラスミと並ぶ日本三大珍味80g

販売価格 2,700円(税込)
在庫状況 在庫あり

日本三大珍味 このわた

七尾湾のナマコは、知る人ぞ知る逸品。そしてナマコの腸を塩辛にした「このわた」は、ツウにはたまらない酒の肴です。ウニ、カラスミと並ぶ日本三大珍味のひとつ。新鮮なナマコを海水で洗い、内臓の中の泥を吐かせてきれいにしてから、このわたを出します。一本一本、手作業で丁寧に腸の中の泥を搾り出します。卵巣など他の内臓と選別して、絶妙な塩加減で漬け込みます。一筋つまめば、口の中に広がる濃厚な磯の香り。癖になるおいしさです。

酒の肴に、ご飯のお供に

酒の肴でちょこっとつまむのも、もちろんおいしいのですが、オススメは熱いご飯の上にこのわたを載せて食べること!風邪をひいたときでも、食べられると、地元の方のイチオシです。また、うずらの卵の黄身を落としてもgood!「なまこ」は、古くは「こ」と呼ばれていました。「こ」の内臓(わた)なので「このわた」と言うのですね。

能登なまこの美味しさの秘密

七尾湾の底引き網、ナマコ漁は毎年11月6日が解禁。ナマコは、水温が高くなる夏は、岩の陰や泥の中で夏眠しています。熊やカエルの冬眠と逆ですね。冬になって、活動を開始したナマコも、想像の通り海底をゆっくりゆっくり這っています。食べているのは、水中や泥の中の有機物。つまり、森から川へそして海へと流れてきた養分がおいしいナマコを育てるのです。森からの豊富な養分が供給される七尾湾は、海の底に棲む生き物にとってとても暮らしやすい環境なんですね。

能登の「海の幸」案内人

「このわた」を届けてくれるのは「日本海の味覚を多くの方に味わっていただきたい」という熱い思いを持つ、すぎ省水産の杉原さん。首都圏の料亭や居酒屋などにも魚を卸しています。夜中の2時に起きて、2時半には地元石崎漁港での競り。朝4時には公設市場の競り。午前中は、市場の向かいにある事務所で注文や相場表のチェック、午後からも加工や出荷に大忙し。おいしい魚や珍味を全国の皆さんにお届けしたいと話す笑顔がとても印象的です。ぜひ、杉原さんオススメの海の幸を味わってみてください。

商品名このわた
内容量80g
原材料なまこの内臓(原産地:七尾湾産)、塩
保存方法要冷蔵(1℃〜10℃)
賞味期限30日間
販売者すぎ省水産株式会社
〒926-0006 石川県七尾市大田町111部25番地
0767-53-0055

※本商品はプレゼントラッピング対応不可商品です。熨斗対応は可能です。

販売価格 2,700円(税込)
送料 1,000円(北海道、沖縄+500円)
型番 fs01-007
在庫状況 在庫あり

■ 商品レビューをご紹介します♪

  • kk
  • 30代
  • 女性
  • 2018/02/19 18:50:12
すごく美味しかったです。
3日でなくなってしまいました。
きちんとしたお店でいただくこのわたと同じ味がしました。
ただ、送料も入れるとかなり高額になってしまうので、欲しくても気軽には買えず…そこだけが残念です。
5000円以上で送料無料とかだと有り難いのですが><
ショップからのコメント
kk様
ご購入、及びご感想をいただきまして、ありがとうございました。
美味しく召し上がっていただけたとのこと、嬉しいお声をありがとうございます。生産者さんにもお伝え致します。
ここ数年、運送会社の金額も何度か上がり、なかなか無料にするのが難しいのですが、他にお客様に喜んでもらえる方法があるか、検討させていただきます。
ありがとうございました。(2018/02/22 18:07:16)

■ 商品レビューをご紹介します♪

  • おかべ
  • 40代
  • 男性
  • 2016/01/19 19:01:07
日本酒のアテに食べましたが、とてもおいしかったです。
塩加減が丁度良かった。
また、購入したいと思います。
ショップからのコメント
おかべ様
コメントありがとうございます。地元、七尾のこのわたをお気に召していただけましたようで、嬉しいです。また、お酒と共にぜひご利用くださいませ。(2016/01/19 19:07:33)
能登の良い品をあなたの暮らしにも。
webギフト
四季の暮らし部
能登の赤なまこ石けん
キーワードで探す

カテゴリーから探す

金額別で探す

ギフト用途で探す

記事一覧

更新情報
>